雄琴ソープにまつわる話

ここでは雄琴ソープにおける高級店と、雄琴ソープにはまった男について書いている。

・雄琴ソープにおける高級店の魅力

雄琴などのソープには様々なタイプのお店があると言える。一口にソープといっても高級店と中級店、大衆店とではそれぞれサービスの内容が全くことなる。例えばソープのメッカと言われる地域では120分で5万円以上が高級店、5万円以下が中級店、3万円以下が大衆店として分類されている。高級店の嬢への教育と、大衆店の嬢への教育はまるで違うものと言ってもよい。高級店では、気配りやサービス精神、所作1つ1つがすべて洗練されており、優雅なひと時を十分に味わうことができる。大衆店では味わえない高級感を堪能できることは言うまでもないだろう。それは雄琴ソープが観光都市として知られているエリアにあることも関係している。

雄琴ソープの高級店を経験せずしてソープを語ることはできない。ソープとは高級であるべきものなのだ。高級感を徹底的に追及してこそソープといえるのではないだろうか?もしこれから初めてソープを体験するのであれば、迷わず高級店を選ぼう。5万円以上のお金を支払ってでも惜しくない満足感が、心を満たしてくれることは間違いない。これはマニアでも初心者でも同じであり、安い店で安い女を買っても仕方がないということだろう。それだけに一度雄琴ソープの高級店を利用してみるのも良いのではないか。

・雄琴ソープに足繁く通う男

風俗を語る上で雄琴のソープランドは欠かせない存在だ。風俗の王様と呼ばれるソープランドのサービスは、他のジャンルの風俗のそれを圧倒的に凌駕する。まさに至れりつくせり、そんな言葉がピッタリと当てはまるサービス内容だ。

ソープランドで働く女性は、客を気遣うサービス精神はもちろん、細かいプレイ内容に至るまで、徹底的に教育される。マットプレイに泡踊り、くぐり椅子やたわし洗いなど。さらには壺洗いといった究極のサービスも存在する。それぞれのサービスがどのようなものなのかは、ここでは割愛させていただくが、どれもソープランド独自のサービスであり、完全にマスターするまでにはそれなりの時間と根気を要するのだ。

それゆえ、雄琴のソープランドの料金が他の風俗に比べて割高なのは当たり前と言うことができるだろう。ある程度高額でなければソープランドとは呼べない、といった方が適切かもしれない。ソープランドとは高級感そのものなのだ。こういった雄琴のソープに毎週欠かさず通っている人間を私は信頼する。ソープを発生源として男同士の信頼感は厚みを増すのだ。