ソープにおけるローション

皆さんはスライムという物を知っていますか?あのヌルヌルした個体に近い物体を。実はそのスライムをもっと液体へと変化させたものが私たち、いや私というローションです。スライムって分裂することはご存知でしょう。ローションも同じです。無数に分裂します。何億ものローション粒が積み重なることによって私というローションは出来上がるのです。私たちのようなローション集合体は一度使うと無くなる使い捨てタイプの存在なのですが、分裂したモノたちの記憶は常に共有しています。なので、私たちは不死鳥のような存在と捉えてもらっても構いません。フェニックスローションといったところでしょうか。
そんな私たちが活躍するシーンは、人間たちが更なる快楽を求める場合です。最近では日本の風俗界がとてつもない賑わいをみせている影響もあって、日本のデリヘルやソープなどが私たちを好んで使ってくれています。私たち自身はヌルヌルして摩擦を無くすくらいしか取り柄がないのですが、人間の底知れない性欲と私たちがコンビを組むことによってとてつもない能力を発揮します。
そこで、ローションを未だに使ったことがない人は、こうすれば私たちをもっと上手に使えて性生活を満喫できるということを実例と共に紹介していきたいと思います。

・ソープとローション
ローションといえばソープ、ソープといえばローションのイメージが付いているように、私たちローションは一回のソーププレイ中に必ずと言っていいほど登場します。私たちが登場する主な戦場はベッドでも浴槽でもなく、ソープオリジナルサービスであるマットです。あの小学校や中学校の体育の授業では決して見ることのないデコボコしたマットは私たちローションと相性抜群で、溝から流れた私たちは滑りの良いマットの滑りを加速させるのです。そんなマットで受けるソープ嬢からのサービスは極上であり、体験したことのない人ならば、未知の体験を味わうことができることを保証します。想像してみてください。ローションを使うことにより滑りの良くなった女の子が縦横無尽にあなたの身体にまとわりつき、這い上がってくる姿を。元々柔らかく繊細な女の子の身体は、より洗練されたものとして感じることができ、女の子のことを愛しく思えること間違いないでしょう。ローションとソープという最高の組み合わせを体験したいのなら、2万円前後を握りしめて最上級のマットプレイを楽しんでください。ひんやりと冷たくてヌルヌルの私たちがあなたの快楽をサポートします。
千葉ソープ「THE RICH」はこちら