中州ソープと中級店

日本全国様々なところに存在する風俗店の中にはソープ・ホテヘル・SMクラブ・回春マッサージなど様々なタイプの業種が存在する。このような風俗店の中には値段によって格付けされている場合も多い。ここではそんな様々なタイプがある風俗店の中から、本番行為ができるソープの中堅店に焦点を当てて書いて行こうと思う。

ソープの中堅店は90~120分で3~5万円ほどの料金で遊ぶことのできるお店が主だ。このレベルのお店となると、基本的にはある程度時間と料金の設定を固めているお店が多い。ただ最近ではグループの中の店舗であれば、時間を長くする・若干の割引を行うといったサービスを行っているところも多く見られる。そして新人やキャンペーン対象の女の子であれば割引をするというところもあるようだ。そのため値段を気にする風俗ユーザーはこの価格帯にあるお店を何店か見比べ、長い時間お得に遊ぶことのできるお店を見つけてみても良いだろう。

またソープをあまり利用しない風俗ユーザーが恐れているのは、本番行為を行うことで性病になる危険性があるのではないかということ。そしてこのような中堅店であればお店や女の子によってはNSのサービスを行う場合もあるため、こういったことを心配する人も少なくない。だが吉原などソープで働いている女の子に、一月ごとなど短いスパンで性病検査をさせるお店がほとんど。そしてその検査を受けない、またはそこで性病が見つかった場合は働くことができなくなるという。そのため一般の素人女性や他業種の風俗嬢よりも、慎重に対応していると言える。もし吉原などのソープ店で性病にかかった場合、体調不良などで本人の免疫力が下がってきている、その女の子の直前に入ったお客が持っていたという限られたケースしかないようだ。

そしてソープの中堅店にいる女の子のレベルだが、ランク通り格安店と高級店の中間くらいという場合が多い。ただ高級店で稼ぐことができずに中堅店に来た人、高級店は肩苦しいイメージがあったためにこちらに入ったという人もいる。このような女の子の中にはルックスこそ若干劣るがスタイルは抜群、マットは出来ないが外見面のレベルが高く感度も良いといった人も多い。このように欠点に目をつぶり、長所に目を向けることができれば高級店でもなかなか遊べないようなレベルにあるといえる女の子なのだ。そのため全てに完璧を求めるような人でなければ、十分ハイクラスな女の子と遊ぶこともできると言える。

中州にもこのような中級ソープは多く存在するので、博多に行くときは利用してみても良いだろう。