東京でソープをいかに楽しむか?

風俗好きがどのようにして東京を攻めるべきかを書いているテキストです。

あなたが性欲の解放に東京という街を利用するべき理由は、「店舗数が多い」「競争率が高いからよい店が生き残っている」「若い女性から年増の女性まで幅が広い」「風俗店のジャンルも非常に豊富」ということが挙げられるでしょう。同年代程度の女性に性欲処理を委託してきたあなたとしては、急にその年齢層の幅が広がることに、新たな性的好奇心が出てくることは間違いありません。どこから攻めたものか分からなくなってくるかもしれませんが、どこだろうが徹底的に攻めるということが風俗好きの宿命であるともいえます。

一般的なジャンルは各種ヘルス/ソープ/ピンサロといったところだといえますが、東京ではこれらの店が非常に多いのでまずはヘルスから攻めることにしましょう。ヘルスは代表的な風俗としてその名を全国に轟かせているわけですが、どこの都市に行っても間違いなくヘルスは存在しており、ある程度お手軽に楽しむことができる風俗として知られているわけですが、東京は競争率が高いのでヘルスでもいいオンナが揃っているといえます。それにはルックス/テクニック/女体/マナーなど、他ではなかなかお目にかかれない女性が多いのがたまらない魅力となっています。これは店舗のヘルスかデリヘルかでまた悩む点でもあります。一般に店舗のヘルスはその店に所属しているというキャストが多く、デリヘルは入り口をいくつか設けて女性は同じ人を派遣するというやりかたです。どちらを選べばより多くの女体を経験できるかを考えるのがいいでしょう。
次にソープですが、東京はソープのメッカという存在ではないといえます。ソープは最も古典的な風俗としても知られており、地方都市に行くとソープがメインという街も少なくありません。あなたも地方に行った時はソープを紹介されて遊ぶことが多いでしょう。大昔には「ヘルス」という概念も法律もなかったはずで、それを考えるとトルコ/ソープ/本番というものが王道であるのは当然だといえます。そうであっても生きのいい女性の女体をソープで体験したいという、健全な魂を持った男性は世に多く存在しているといえるでしょう。確かにソープでは風俗の王道としてのプレイを楽しむことができます。本番行為をやらなければ仕方がない、という考えは至極真っ当であり、風俗好きのあなたもそう考えていて当然だということができます。東京ではソープ街・吉原だけでなく、池袋・新宿といった街でもソープを楽しめるので利用するのも良いでしょう。
千葉ソープ「THE RICH」はこちら