栄町ソープをより楽しむ方法

ここでは栄町ソープを楽しむための方法や心づもりについて書いています。

・栄町ソープを楽しむために強い意思を持ち、データを管理しておく

栄町のソープに行くときは、「全身全霊で遊んでやる」というよく分からない断固たる決意が必要です。それだけに軽い気持ちで行くのではなく、数ヶ月前から風俗スケジュールを立てましょう。風俗スケジュールとは「この月にはこの店/業種で遊ぶ」と財布と相談するということです。そのスケジュールを普段の労働に反映するようにすればいいでしょう。つまりこれは自分の人生で最も大切な予定だと言い切ることができます。

できればスプレッドシートなどで自分の風俗スケジュールを管理し、どの店に行ったか/どのキャストに相手をしてもらったか/満足度はどの程度だったか/金額はいくらか、といった風俗に対して最も大切な情報を整理するのが望ましいです。千葉県の中だけでなく関東首都圏を考えても、多くのお店が存在している栄町のソープ街。それだけに1度や2度でその全てを知ることが難しいため、できれば何回も足を運んで相対的に栄町のソープ店を見てみるのが望ましいです。この準備をすることが自分の気持ちを高めることになります。「値段以上に遊ぶ」「相手も満足させる」「終わったあとの虚脱感をごまかす」などの固い決意があれば大丈夫です。そういった強い思いを持って栄町のソープ店を利用してください。

・栄町ソープを楽しむためには自分で情報を探してみる

「どのキャバクラ・風俗でも客引きをする店はグレー」と見做される風潮があります。これは確かなことであり、お店選びの際は客引きと話をする必要はないでしょう。栄町は他の歓楽街と状況が違う街なので、そのあたりは徹底されていると考えていいはずです。一方他の街ではいい加減なキャッチは非常に多いです。「お客さんたち3人、ピンサロ持ち回りでどう?」という客引きの声があります。これは一人の風俗嬢に仲間三人で順番に相手をしてもらうということであり、風俗の客引きとしては愚の骨頂だといえるでしょう。このような質の低い客引きがいる風俗店は没落していきますし、風俗街全体にもマイナスの影響を及ぼします。そのため現在は客引きを使わずに「無料案内所」を設置することがあります。この段階でお店を決めて指名をしてもらい、スムーズにプレイに入れるようにする仕組みです。もちろんこれは各店舗やグループが案内所を設置して、自分たちの店に客を引き入れるようにしているだけのものです。そのため風俗に行くときは自分でよく調べるようにしましょう。特に栄町のソープ店はネットなどで様々な情報を公開しているので、選択するために必要な情報は手に入りやすいと言えるのではないでしょうか。